予防接種|葛飾区金町の整形外科 金町慶友整形外科リウマチ科内科

予防接種、ワクチン

予防接種について

当院では、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなど各種予防接種を行っております。予防接種とは、ワクチン接種により事前に免疫をつけることで、特定の病気にかかりにくくする事です。仮にその病気にかかった場合でも、重症化を防ぐ効果があります。


当院で行う予防接種

  • インフルエンザワクチン(予約不要)
  • 肺炎球菌ワクチン(予約不要)
  • 風疹ワクチン(要予約)

インフルエンザワクチン

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって起こる疾患です。

典型的には38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。併せて風邪のような喉の痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。ご高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を合併し重症になることがあります。

インフルエンザウイルスは毎年違う種類が流行するため、予防接種は毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかり、効果は約5ヶ月間持続します。毎年12月~3月が流行期間となりますので、10月下旬~12月までには接種されますと効果的です。


インフルエンザワクチンの接種量及び接種回数は次のとおりです。

(1) 6カ月以上3歳未満の方

1回0.25mL

2回接種

(2) 3歳以上13歳未満の方

1回0.5mL

2回接種

(3) 13歳以上の方

1回0.5mL

1回接種

1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行ってかまいません。2回接種する場合は、2回目は1回目から1~4週間位の期間をあけて接種します。

肺炎球菌ワクチン

肺炎の原因菌で最も多いのが肺炎球菌です(成人の肺炎の20~40%がこの菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による感染症を予防し、重症化を防ぎます(すべての肺炎を予防できるわけではありません)。

65歳以上の方や、慢性的な持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの予防接種をお勧めします。

肺炎球菌ワクチンの接種はいつでも可能ですが、一度接種すると効果が5年持続するため、次回からは5年以上の間隔をあけて接種する必要があります。過去に接種したことがある方は、接種歴を確認した上で接種してください。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことで、肺炎予防の強化につながりますので、肺炎を予防するためには、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの接種も推奨されます。


以下に該当する人は、特に肺炎球菌ワクチンの接種が奨められています。

  • 65歳以上の方
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性の持病(呼吸器疾患(COPDなど)、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患)をお持ちの方

風疹ワクチン

風疹は、感染時には発熱や皮疹を呈する感染症ですが、妊娠初期の妊婦さんが感染すると、難聴や心臓病、白内障などの先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。

風疹の感染予防には予防接種が効果的です。妊娠中には予防接種を受けることができないため、妊娠を予定又は希望する女性の方は、妊娠前に風疹に対する十分な免疫を備えることが大切です。また、妊娠予定の女性の夫に対するワクチン接種も考慮してよいでしょう。

現在、多くの自治体では先天性風疹症候群の予防のために、主として妊娠を希望する女性を対象に、風疹の抗体検査(免疫の状態を調べるための血液検査)やワクチン接種の補助を実施しています。

当院では、抗体検査、ワクチン接種(要予約)ともに施行致しますのでご相談ください。

各種予防接種が受けられない可能性がある方

  • 明らかに熱のある方(通常は、37.5℃以上を指します)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた方
  • 投薬を受けて体に異常(皮膚に発疹が出るなど)を認めたことのある方
  • けいれんを起こしたことがある方
  • 過去に中耳炎や肺炎などを患い、免疫状態を検査して異常を指摘された方
  • ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある方
  • ポリオ、麻疹、風疹の予防接種については、妊娠していることが明らかな方
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合  など

上記内容に当てはまる方、またこの他にも気になる点やご不明な点などがございましたら、予防接種を受けられる前に医師にご相談下さい。

2 F


3 F


  • 患者の気持ち