睡眠時無呼吸症候群|葛飾区金町の整形外科 金町慶友整形外科リウマチ科内科

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)とは、睡眠時に呼吸停止または呼吸数低下を認める病気のことです。睡眠中に呼吸が止まることで、十分な睡眠が得られないため、熟睡感がなく日中の眠気や集中力の低下などが起こります。また、睡眠中は大きないびきや、呼吸停止から途中覚醒が起こりやすくなります。

SASは、放置しておくと高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などを合併する可能性が高くなり、また居眠りからの交通事故が起きたことから社会問題化しました。

SASは肥満や顎、扁桃や舌根の形態などの影響で睡眠中に上気道が閉塞することが主な原因です。


次のような自覚症状やご家族の方からの指摘がありましたら、SASが疑われます。

  • 家族にいびきがうるさい、あるいは呼吸が止まっているところがあると言われる
  • 睡眠時間は十分にとっているはずなのに日中の眠気がある
  • 慢性的に体の重い感じ、だるさが続いている

SASが疑われた場合、まず「簡易検査」を行います。専用の検査機器をお貸出しし、ご自宅で一晩検査を行ってもらいそれを解析して診断します。

具体的には口と鼻に呼吸センサーを、指に血中酸素濃度を調べるセンサーを取り付けて一晩就寝していただくことで検査を行います。一時間あたりに10秒以上の無呼吸・低呼吸が何回生じるか、また同時に血中酸素濃度の低下が起こっているかどうかを測定します。

CPAP療法による睡眠時無呼吸症候群治療

SASと診断されたら、CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)をお勧め致します。これは鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、気道に圧力をかけ、気道の閉塞を取り除く治療法です。 睡眠時無呼吸症候群の標準治療となります。

セルフテスト

“昼間の眠気”を測定するためのテストです。
以下の状況下でうとうとしてしまったり、眠ってしまったりすることはありませんか?
ご自身の普段の様子を思い浮かべて、チェックしてみましょう。


~数字の度合い~
0:決して眠くならない。
1:時々、居眠りしてしまう。
2:居眠りすることがよくある。
3:だいたいいつも居眠りしてしまう。

状況

点数

1:座って読書している時

0

1

2

3

2:テレビを見ている時

0

1

2

3

3:公の場所で座って何もしていない時(例えば劇場や会議)

0

1

2

3

4:1時間続けて車に乗せてもらっている時

0

1

2

3

5:状況が許せば、午後横になって休息する時

0

1

2

3

6:座って誰かと話をしている時

0

1

2

3

7:昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っている時

0

1

2

3

8:自分が運転をしており、交通渋滞で2~3分止まっている時

0

1

2

3


点数を足して5点未満ですと安心ですが、11点以上ですとSASが強く疑われます。呼吸器科への受診をお勧めします。

2 F


3 F


  • 患者の気持ち